ニュース
» 2012年10月09日 19時08分 UPDATE

IE 10やChromeもそれぞれアップデート:Adobe、Flash Playerの脆弱性を修正した新バージョン公開

米Adobe Systemsは10月8日、「Adobe Flash Player」に、バッファオーバーフローをはじめ多数の深刻な脆弱性が存在することを明らかにし、アップデートを公開した。

[高橋睦美,@IT]

 米Adobe Systemsは10月8日、「Adobe Flash Player」に、バッファオーバーフローをはじめ多数の深刻な脆弱性が存在することを明らかにし、アップデートを公開した。Windows版のほか、Macintosh、Linux、Androidの各プラットフォーム向けが用意されており、セキュリティ関連機関では早急な適用を推奨している。

 このアップデートで修正された脆弱性は25種類。中には、細工したコンテンツを開かせることでAdobe Flash Playerを不正終了させたり、任意のコードを実行させたりする可能性のあるものが含まれている。同時に、「Adobe AIR」についてもセキュリティ修正を行っている。

 各プラットフォームごとの脆弱性を修正した最新バージョンは

  • Windows/Macintosh:11.4.402.287
  • Linux:11.2.202.243
  • Android 4.x:11.1.115.20
  • Android 3.x/2.x:11.1.111.19

となっている。同社Webサイトからダウンロードできるほか、WindowsやMacintoshでは自動更新機能を有効にしていればアップデートが適用される。

 同時に、Flash Playerを同梱しているInternet Explorer 10とGoogle Chromeもそれぞれ、脆弱性を修正したバージョンへのアップデートを行っている。ただしIE 10以外のバージョンでは、手動でアップデートを入手する必要がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。