ニュース
» 2012年10月10日 15時15分 UPDATE

Apache License2で無償公開:タオソフトウェア、Andorid開発者向けに「プライバシーガイドライン」

タオソフトウェアは10月9日、「アンドロイドスマートフォンプライバシーガイドライン by タオソフトウェア」と題するドキュメントを公開した。

[高橋睦美,@IT]

 タオソフトウェアは10月9日、「アンドロイドスマートフォンプライバシーガイドライン by タオソフトウェア」と題するドキュメントを公開した。Androidのアプリケーション開発者を対象に、プライバシー面で配慮すべき事柄をまとめた文書で、Apache License2の下、無償で公開されている。

 この文書のベースとなっているのは、総務省の「スマートフォンを経由した利用者情報の取り扱いに関するWG(ワーキンググループ)」の最終取りまとめである「スマートフォン プライバシー イニシアティブ - 利用者情報の適正な取り扱いとリテラシー向上による新時代イノベーション」というドキュメントだ。利用者情報の利用目的が不明瞭で、十分な説明のないままスマートフォンに蓄積された情報を取得、活用するアプリが増加し、利用者の不安が高まっていることを背景にまとめられた。

 タオソフトウェアでは、スマートフォン全般をカバーしている上記の文書の中から、Androidのアプリ開発者に必要な事項をピックアップし、さらにAndroid特有の要件を追加して再構成。全8章、58ページの文書として公開した。実際の運用に役立つよう、「個別の同意」を取得するダイアログを実装する際のポイントや、プライバシーポリシーの記述方法、サンプルも含まれている。

 同社はこの文書によって、Androidアプリの開発者が、利用者が安心して利用できるアプリケーションを効率的に設計し、公開できるよう支援したいとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。