ニュース
» 2012年10月11日 13時48分 UPDATE

大阪と北海道のデータセンターを選択可能に:さくら、「さくらのVPS」でマルチリージョン対応を開始

大阪・堂島のデータセンターと北海道・石狩のデータセンターの2つが選択可能に。料金は同一で、いったん利用を開始したインスタンスのリージョンを変えることはできない

[西村賢,@IT]

 さくらインターネットは10月11日、「さくらのVPS」においてサーバを収容するデータセンター拠点を選択可能とするマルチリージョン対応を導入し、2012年10月18日より提供開始すると発表した。選択可能なのは、大阪・堂島のデータセンターと北海道・石狩のデータセンターの2つで、リージョンによる料金の違いはない。サーバの申し込み時にリージョンを選択する。利用開始後のリージョン変更はできない。

 さくらのVPSは、Linuxカーネルの仮想化技術であるKVMを採用したVPS。標準OSはCentOS 6で、Scientific Linux/Unbunt/FreeBSD/Debian/Fedoraなども選択できる。プランはメモリ容量に応じて1GB(月額980円)、2GB(同1480円)、4GB(同3980円)、8GB(同7980円)がある。ただし、石狩データセンターが選択できるのは、現在1GBと2GBのプランのみ。

 今回のマルチリージョン対応で、アクシデントや災害に備えたバックアップやDR(ディザスタリカバリ)対策などが可能になるとしている。

map.png

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。