ニュース
» 2012年10月12日 17時10分 UPDATE

「Apache TomEE 1.5」リリース、多数の新機能を搭載

Apache TomEEがバージョンアップ。高負荷アプリケーションへの対応や、JAX-RSの取り込みが行われている

[鈴木聖子,@IT]

 Apache Software Foundationは10月8日、「Apache TomEE(トミー) 1.5」のリリースを発表した。これまでのバージョン1.0.0から一気に1.5になったのは、新機能やバグ修正の数の多さを反映したためだという。

 TomEEは、ApacheプロジェクトのTomcat、OpenWebBeans、OpenEJBなどで構成されるJava EE 6 Web Profile認定Apacheスタックである。Apache OpenEJBのサブプロジェクトとして位置付けられている。

 今回リリースされたTomEE 1.5では、RESTfulなWebサービス構築のためにJAX-RS(The Java API for RESTful Web Services)をプラスした「TomEE JAXRS」が加わっている。また、データベースコネクションプールのサポートも強化している。これまでのApache Commons-DBCPに加えて、ネイティブApache TomcatとBoneCPコネクションプールのトランザクションを新たにサポートする。これにより、高負荷のアプリケーションに対応するための選択肢が広がった。

 この他の主な機能追加として、サーバのプロビジョン、ライブラリのインストール、Webアプリ実装などに利用できる新しいプラグイン「TomEE Maven Plugin」などが加わっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。