ニュース
» 2012年10月15日 21時04分 UPDATE

2013年4月の正式サービス目指す:JavaにRuby、Node.js、PHPが利用可能なPaaS、TISがβ提供

TISは10月15日、アプリケーション開発者向けのPaaS「eXcale」のβ版を公開した。

[高橋睦美,@IT]

 TISは10月15日、アプリケーション開発者向けのPaaS「eXcale」のβ版を公開した。当初はユーザー登録のみで無料で利用でき、2013年4月に正式サービスに移行する予定だ。

mt_tis.gif

 eXcaleは、インフラとしてAmazon Web Servicesを利用したPaaSだ。Webサーバとデータベースサーバ、インターネット接続といったインフラに加え、アプリケーション開発に必要な環境をひとまとめに提供する。アプリケーションの負荷に応じたスケールアウトと負荷分散も自動的に行われるという。

 特徴は、RubyやJava、PHP、Node.jsといった複数の言語に対応しており、利用可能なフレームワークに制限がないこと。デプロイはGit、もしくはファイルアップロードで行える。

 TISでは今後の正式公開に向け、独自ドメイン対応やSSL対応、バックグラウンドジョブなどの機能を追加していく予定だ。正式サービス移行後は、インスタンス利用時間に応じた従量課金制を採用するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。