ニュース
» 2012年10月16日 18時31分 UPDATE

Symantec Back Up Execを搭載:富士通が150万円のオールインワン・バックアップ装置を発表

[@IT]

 富士通は10月16日、ソフトウェアとハードウェアが構成済みで、すぐに使えるアプライアンス型のバックアップ装置「ETERNUS BE50」を同日に販売開始したと発表した。出荷開始は11月下旬。中小企業におけるバックアップ統合および事業継続のニーズに対応する。

ETERNUS BE50ラック型

 BE50は4.5TBのハードディスクドライブを搭載したIAサーバ。ラックマウント型とタワー型の2種類があるが、同一スペックだ。シマンテックのバックアップソフトウェア「Symantec Backup Exec」を採用。富士通が開発した設定・運用ツールを使うことで、迅速に利用を開始できるほか、バックアップスケジュールの設定やジョブ監視が容易にできるという。バックアップ対象が増えても、BE50の最大容量に収まるバックアップであれば、ライセンスの追加購入は不要。また、Backup Execの機能により、物理サーバのシステム領域やデータ領域を、VMwareやHyper-Vの仮想マシン形式でバックアップ可能。

Backup Execを導入済み

 BE50では、データの重複排除機能、圧縮機能を標準で装備する。このため、4.5TBのストレージに、平均45TBのデータをバックアップ可能という。さらにBE50は、遠隔複製機能を備える。BE50を2拠点に設置し、一方のBE50から他方のBE50に対して、ネットワーク経由で定期的にデータを転送することで、災害などに備えることができる。遠隔複製機能も、製品価格に含まれている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。