ニュース
» 2012年10月17日 16時41分 UPDATE

OctaneテストでGoogleのV8 JavaScriptエンジンをしのぐ性能:Googleのプログラミング言語「Dart SDK」が安定版に

米Googleは10月16日、Webアプリ開発のためのプログラミング言語「Dart」のSDKが安定版になったと発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Googleは10月16日、Webアプリ開発のためのプログラミング言語「Dart」のSDKが安定版になったと発表した。

 DartはJavaと同じクラスベースのオブジェクト指向言語で、複雑なWebアプリの開発に使われる。Googleが1年前に技術プレビューを公開した。

 Googleのブログによると、初の安定版となるDart SDKでは、Dart仮想マシンが高速化され、一部のOctaneテストでGoogleのV8 JavaScriptエンジンをしのぐようになった。

 DartをJavaScriptに変換する新しいトランスレータは出力の高速化とコンパクト化を図ったほか、現代のブラウザにスムーズに対応できるHTMLライブラリや、JavaScriptコードとの互換性を持つライブラリ、使いやすいエディタ、新しいパッケージマネージャの「Pub」を提供。同社のブラウザChromeでDartをネイティブサポートした「Dartium」、サーバサイドのI/Oライブラリ、Dartの新機能などについて解説した言語仕様も用意されている。

 今後のSDKでは引き続きDartの安定性とパフォーマンスの強化を図り、後方互換性を維持しながら調整を進めていく方針。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。