ニュース
» 2012年10月18日 09時00分 UPDATE

「Project Avalon」は“ExcaliburとMerlin”へ進化:シトリックス、シスコとのパートナーシップをさらに強化

シトリックスは10月17日(現地時間)、スペイン・バルセロナで「Citrix Synergy 2012 Barcelona」を開幕。基調講演で、同社CEOのマーク・テンプルトン氏がシトリックスの製品アップデートや「Project Avalon」の進ちょく、さらにはシスコとのパートナーシップ強化などを発表した。

[大津心,@IT]

 「現在、インターネットトラフィックの半分以上を動画が占めていると言われている。また、モバイルデバイスが60億台を超えており、これらが4GやLTEに対応することでさらに動画によるトラフィックが激増するだろう。この問題を解決するために、当社はモバイル向け動画トラフィックを最適化できるByteMobileを買収した」と語ったのは、米シトリックス・システムズ CEOのマーク・テンプルトン(Mark Templeton)氏。

 シトリックスは10月17日(現地時間)、スペイン・バルセロナで「Citrix Synergy 2012 Barcelona」を開幕。基調講演で、同氏がシトリックスの製品アップデートや「Project Avalon」の進ちょく、さらにはシスコとのパートナーシップ強化などを発表した。

テンプルトン氏写真 バルセロナの美しい景色を背景に登壇したCEOのマーク・テンプルトン氏

仮想デスクトップ上でXboxゲームが遊べる時代に

 冒頭、トラフィックの急増を語ったテンプルトン氏だが、「トラフィックが急増し、ネットワークの利用率が上がっているのに、それに応じて売り上げが上がっていない。この問題は早急に解決するべきだ」とも指摘。コンテンツの圧縮やネットワークの集約化、負荷分散などをうまく利用し、インフラ投資を抑えるべきだとした。一方で、シトリックスが推進する「モバイルワークスタイル」とそれを支える「クラウドインフラ」は、今後ますます加速していく、と主張している。

 続いて同氏が紹介したのは、2週間前に発表した「XenServer 6.1」。6.1では、ライブマイグレーションを強化。仮想マシンを稼働したまま、仮想ディスクだけを移動できるようになった。CloudPlatformとの統合も進んでおり、すでにCloudPlatform利用者の80%がXenServerを利用しているという。

 次に発表したのは、マイクロソフトとのパートナーシップの現状だ。MSは、今年クライアントOSである「Windows 8」と、サーバOS「Windows Server 2012」を共にリリース。Hyper-Vも大きく機能強化した。テンプルトン氏は、「昨年、XenDesktop on Hyper-Vは80%成長した。Windows Server 2012でHyper-Vがさらに進化したので、今後も非常に期待できる。また、Windows 8向けの機能では、GoToMeetingやShareFileなどをWindows 8ネイティブのものに再開発し、Modern UI(旧称:Metro UI)向けにデザインを最適化する。Citrix Receiverも早急にWindows 8に対応する予定だ」と説明し、今後もMSとは強力なパートナーシップを続けていくと強調した。

デモの様子 仮想デスクトップ上でWindows8を動かしている様子。仮想デスクトップであれば、Windows 7と8、XPなどをすべて共存させることもできる
デモの様子 仮想デスクトップ上でXboxのゲームを立ち上げて遊ぶテンプルトン氏。XboxのフルHD画像であっても遅延を感じることなく描画されていた

BYOD対応のセキュアなメール・ブラウジング環境を提供

 シトリックスが推進する「モバイルワークスタイル」や「クラウド化」で問題となるのが、企業内PCから情報漏えいするリスクのある「Dropbox問題」や、ユーザーが自身のデバイスを持ち込み利用することで情報漏えいリスクが高まる「BYOD(Bring Your Own Device)」の問題だ。

 これに対してテンプルトン氏は、「もちろん、企業内のデータは保護しなければならない。一方で、BYODやクラウド化の流れは世の流れであり、多くの従業員が望んでいることであり、一ベンダや情報システム部門だけでこの流れを変えることは難しい。であれば、そのような環境下でもセキュアな環境を提供するべきだと考えた」と解説。

 その実現方法として、「MDX Technology」を活用し、セキュリティを担保したうえでクラウドサービスを提供する新サービス「ME@WORK」を発表した。ME@WORKは、特定のアプリケーションのデータをオンデマンド型のマイクロVPNでセキュアに通信し、さらに遠隔地からデータを消去できるワイプ機能やロック機能を搭載。許可したくない通信をブロックすることもできる。ME@WORKを活用することで、企業内に持ち込まれたBYODからのデータ流出を防げるという。

 具体的には、メールやカレンダーを扱う「@WorkMail」と、セキュアなブラウジング環境を提供する「@WorkWeb」をラインナップした。会場で行われたデモでは、iPhoneをBYODとして利用する際に、プライベートと仕事用でメーラーやブラウザを切り分け、仕事用には「@WorkMail」と「@WorkWeb」を利用することで、持ち込みiPhoneからであっても情報漏えいのリスクが下げられると主張した。

Avalonは、ExcaliburとMerlinへ

 今年5月に「Windowsアプリケーションとデスクトップを“真のクラウドサービス”として提供するプロジェクト」として大々的に発表された「Project Avalon(アバロン)」。テンプルトン氏はその後半年間の成果として、2つの製品「Project Avalon Excalibur(エクスカリバー)」と「Project Avalon Merlin(マーリン)」を発表した。

 Excaliburのテーマは「Simplicity & Mobility」。再設計された革新的なUIを採用し、2つの管理コンソールを統合。複数のアプリケーションを自動的に配布できるなど、さまざまな管理機能をシンプルに実現したとテンプルトン氏は胸を張る。また、モバイルデバイスと動画向けに再設計し、コーデックが2倍速くなったHDXを搭載した。Excaliburのデモでは、仮想デスクトップユーザーやサーバアプリケーションのインストールなどが1つの管理画面からできるほか、iPad上から利用したり、Excalibur上でWindows 8を動かす様子が紹介された。Excaliburは、テックプレビュー版が11月1日から提供される。

デモの様子 ExcaliburにアクセスしたiPad上でWindows8を動かすデモ。デモでは問題なく動作していたように見えた

 もう1つのMerlinのテーマは「Automation & Cloud」。クラウドスタック上で構築されており、セルフサービスプロビジョニングやサービス自動化をサポートする。具体的には、「クラウド型サービス」「XenDesktop」「CloudStack」の自動化をサポートする。

 テンプルトン氏は、「これらはAmazonからインスピレーションをもらった。Amazonスタイルのクラウドを提供したいという想いもある。現在、ほとんどのPCはWindowsベースで、これ向けのアプリケーションは膨大だ。膨大であるため、これらの資産を無駄にしないためにも、Windowsアプリケーションへの投資、つまりクラウド化を促進しなければならない。そのために、ExcaliburとMerlinを提供する」と今回の発表の背景を説明した。

シスコとのパートナーシップを強化

 そして、恒例となったテンプルトン氏の「One more Thing…」は、昨年の「Citrix Synergy 2011 Barcelona」で発表されたシスコとのパートナーシップの関係強化だった。

ウォリアー氏 シスコ CTO兼CSO パドマスリー・ウォリアー(Padmasree Warrior)氏

 1年前にパートナーシップが発表され、まずはデスクトップ仮想化領域「Cisco VXI」と「Citrix XenDesktop」での協業が始まった。具体的には、シスコのインフラ上でXenDesktopを提供するというものだ。この1年間の成果について、テンプルトン氏は「この1年間で爆発的な成功を収めたと言える。すでに何千、何万という仮想デスクトップを協業で提供できた。さらに、エンタープライズからサービスプロバイダまですべてのサイズでできた点も大きい。まさにWin-Winのパートナーシップだった。従って、今後はこれをさらに拡大していく」と強調した。

 今回の関係強化では、デスクトップ仮想化に加えて「Mobile workstyles」「Cloud orchestration」「Cloud networking」を強化していくという。具体的には、シスコの「Nexusシリーズスイッチ」や「Cisco Open Network Environment(Cisco ONE)」にシトリックス製品を組み込んだ提案などをしていく。

 例えば、「アプリケーション・デリバリー・コントローラー(ADC)」分野ではシスコは自社開発の中止を発表。今後、ADCはシトリックスのNetScalerを推奨していくと発表した。

 「レイヤ1〜3のインフラ部分をシスコが提供し、4〜7を当社が補完する。まさに互いを補う素晴らしいパートナーシップだ。数年後を見据えて、マーケティング協力だけではなく、商品開発など戦略的にパートナーシップを強化していきたい」とテンプルトン氏は両社の今後のビジョンを示した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。