ニュース
» 2012年10月18日 15時57分 UPDATE

速度重視で実装するとこうなる:Googleがカラム指向の超高速クエリエンジン「Supersonic」を公開

Googleがクエリエンジンを公開した。データウェアハウス系システムのバックエンドを想定した処理速度重視の実装のようだ

[鈴木聖子,@IT]

 米Googleは、カラム指向の超高速クエリエンジンライブラリ「Supersonic」をオープンソースとしてリリースした。ライセンスはApache License 2.0である。

 SupersonicはC++で書かれたキャッシュ認識エンジンで、各種データウェアハウスプロジェクト用のバックエンドとして使うことを想定している。低レベルの最適化技術を使って高速化と高スループットを実現した。SIMD命令の活用や効率的なパイプライン方式により、カラム型データ処理の高速化を図っているという。

 標準的なカラム型データベースオペレーションのほか、数理演算や文字列操作向けの幅広い専門表現をサポートしている。

 Googleでは、新しいDBMSソリューションに取り組む開発者に、データ処理の効率性を高めるツールとしてSupersonicを有効活用してほしいとしている。

 Supersonicは、Google Codeのリポジトリから取得できる。

git clone https://code.google.com/p/supersonic/

 その他のドキュメントはGoogle Codeのプロジェクトページからアクセスできる。

mh_supersonic_howto.gif Supersonicのプレゼンテーション資料から抜粋

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。