ニュース
» 2012年10月22日 16時38分 UPDATE

「クラウドで必要な全て」入り:「Ubuntu 12.10」リリース、クラウド対応と検索機能を強化

Ubuntuがバージョンアップ。「Web Apps」機能の搭載、「Dash」のユーザビリティ向上のほか、サーバ版のクラウド環境対応も強化されている

[鈴木聖子,@IT]

 クラウド対応や検索機能を強化したLinuxディストリビューションの新版「Ubuntu

12.10」が10月18日、英Canonicalから公開された。Ubuntuのページからデスクトップ版とサーバ版、およびクラウドインフラ版がダウンロードできる。

 Ubuntu 12.10では検索機能の「Dash」が強化され、例えばGoogle Driveなどのオンラインサービスや自分のマシンのHDDに保存したファイルなどが検索できるほか、FlickrやFacebookなどのアカウントにもアクセスしてコンテンツを検索できる。

 「More Suggestions」のセクションからは、AmazonやUbuntu One Music Storeが提供する音楽やビデオなどの有料、無料コンテンツを検索することも可能。検索結果に表示されたコンテンツについて、さらに詳しい情報をプレビューできる新機能の「Previews」も加わった。「Ubuntu 12.10はマルチデバイス時代のOS」とCanonicalは評している。

 新機能の「Web Apps」ではFacebook、Twitter、Last.FM、eBay、GMailなど利用頻度の多いWebアプリをデスクトップ経由で参照でき、個別にWebブラウザを起動する必要がなくなった。パーソナルクラウドサービスの「Ubuntu One」はWindows、iOS、Androidに加え、Mac OS Xでもβ版のネイティブアプリとして利用できるようになった。

 一方、サーバ版ではOpenStackのFolsomリリースをはじめ、最新のオープンクラウド技術を搭載。プライベートクラウドやパブリッククラウド、サーバやノートPCなどに分散したアプリケーションを利用・管理するためのツールを提供している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。