ニュース
» 2012年10月25日 08時00分 UPDATE

Subversion 1.7に対応:分散バージョン管理システム「Git」がバージョンアップ

オープンソースの分散バージョン管理システム「Git」の最新バージョン、「Git v.1.8.0」が10月21日、リリースされた。

[@IT]

 オープンソースの分散バージョン管理システム「Git」の最新バージョン、「Git v.1.8.0」が10月21日、リリースされた。多数のバグフィックスに加え、Subversion 1.7への対応をはじめとする多くの新機能を搭載している。

 Gitはもともと、Linuxカーネルのバージョン管理のためにLinus Torvalds氏によって開発された分散型バージョン管理システムだ。不具合の追跡を行う「Bisect」や複数のコミットを1つのコミットとして扱う「Rebase」をはじめ豊富な機能を備えており、容易にブランチやマージが行えること、高速に動作することなどが特徴で、多くのプロジェクトに採用されている。

 新バージョンでは、git svnをアップデートしてSubversion(SVN) 1.7に対応した。また、git branchやgit difftoolなど、多くのコマンドに新たなオプションが追加されている。WindowsやGnomeKeyringに対応したクレデンシャルヘルパーも搭載した。

 次のメジャーリリースでは、ローカルブランチを公開ブランチにプッシュする際、意図しない上書きを防ぐため、「git push」コマンドの挙動を変更する予定という。

mt_git.gif

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。