ニュース
» 2012年10月25日 16時19分 UPDATE

Ruby 1.9.3に対応:「JRuby 1.7.0」登場、1年半ぶりのメジャーアップデート

JavaVM上のRuby実装「JRuby」の最新版となる「JRuby 1.7.0」が、10月22日にリリースされた。

[鈴木聖子,@IT]

 JavaVM上のRuby実装「JRuby」の最新版となる「JRuby 1.7.0」が、10月22日にリリースされた。メジャーアップデートは1年半ぶり。Ruby 1.9.3に対応し、多数の機能強化や不具合の修正を盛り込んでいる。

 リリースノートによると、JRuby 1.7.0ではJRubyとして初めて、JVMの新機能「invokedynamic」に対応した。Java 7ではJVM関連の問題のためにinvokedynamicが標準で無効になっているが、ユーザーが有効にできる。Java 8ビルドではデフォルトで有効になる。

 Rubyは1.9.3がデフォルトのランタイムモードになり、Ruby標準ライブラリは1.9.3p286に更新。1.9.x関連の互換問題も多数修正され、パフォーマンスや並行性の改善を図った。

 Java 5はサポートを打ち切り、ネイティブ機能はSolaris/ARM/Linuxなどでのサポートが強化された。Rubygemsは1.8.24に、Rakeは0.9.2.2にそれぞれ更新されている。

 1.9のサポートに関しては、「Ripper」などまだ実現できていない部分もあるものの、JRubyを1.9モードで利用できるだけの安定性は確保したという。今後は当面の間、1.7.xのポイントリリースを2〜3週間ごとに公開して不具合を修正するとともに、現時点で未対応の1.9ライブラリを追加していく方針だとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。