ニュース
» 2012年10月26日 17時49分 UPDATE

VMwareやKVMとの統合強化:IaaSクラウドソフトの新版「OpenNebula 3.8」リリース

オープンソースのIaaSクラウドソフト最新版「OpenNebula 3.8(Twin Jet)」がリリースされた。

[ITmedia]

 オープンソースのIaaSクラウドソフト最新版となる「OpenNebula 3.8(Twin Jet)」が10月22日にリリースされた。VMwareやKVMとの統合強化などが特徴となる。

 OpenNebulaプロジェクトのブログによると、OpenNebula 3.8の主な改善点として、VMwareのVMFSをネイティブサポートし、KVM上でcgroupsとSPICEに対応したほか、仮想ルータを実装したネットワークアプライアンスを統合し、さまざまなレイヤ3サービスを提供できるようにした。また、EC2 Query APIを強化し、EBSインターフェイスとkeypairインターフェイスを実装している。

 さらに、導入とセットアップの簡素化を図るため、Linuxディストリビューションと同じパッケージングフォーマットを採用した。

mt_on.gif

 OpenNebula(Nebulaは「星雲」の意味)のリリース名には、恒例として星雲名にちなんだ名称が付けられている。今回のTwin Jetは、へびつかい座の方向にある、地球から約2100光年離れた「バタフライ星雲」(M2-9)にちなんでいるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。