ニュース
» 2012年10月31日 16時53分 UPDATE

Webブラウザのみで開発を実現:Eclipse Foundation、Webベースの開発環境「Orion 1.0」リリース

Eclipse FoundationのOrion開発チームは、Webベースの開発環境Orionの初の安定版となる「Orion 1.0」を10月29日にリリースした。

[鈴木聖子,@IT]

 Eclipse FoundationのOrion開発チームは、Webベースの開発環境Orionの初の安定版となる「Orion 1.0」を10月29日にリリースした。

 OrionはWebブラウザ上で動作する開発環境として、2011年初めからスタートしたプロジェクトだ。ユーザーはWebブラウザさえあれば、どこからでもアプリケーション開発ができる。

 1.0のリリースに当たっては、Orionプラットフォーム自体の改善と、全コンポーネントを集めたクラウドベースの開発プラットフォームの提供を目指す「OrionHub.org」に力点を置いたという。6月にリリースされた0.5からの改善点としては、「Mozilla Persona」を使ったログインへの対応、プラグインの有効・無効を設定できるページの追加、検索機能の強化、外観をカスタマイズできるテーマ設定ページの新設、Git対応の強化などが挙げられる。

 今後は4カ月ごとに更新版をリリースし、2013年2月にバージョン2.0をリリースする予定。引き続きUIと使用感の向上や、拡張機能と既存コンポーネントとの連携強化、JavaScriptやCSS、HTML5といった言語サポートの強化を図る。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。