ニュース
» 2012年11月01日 19時40分 UPDATE

日本のクラウドサービスで初:ScalrからIDCフロンティアのクラウドサービスを利用可能に

米国を中心に多数の実績を持つScalrにIDCフロンティアのクラウドサービスメニューが登場。ライトな利用形態に適した内容だ

[原田美穂,@IT]

 米国Scalr社が提供するクラウド統合運用管理ツール「Scalr」にIDCフロンティアの「クラウドサービス セルフタイプ」が対応、2012年11月1日から全世界で利用可能になった。

 Scalrはオープンソースソフトウェアとして配布されているマルチクラウド管理ソフトウェア。CloudStack、OpenStack、AWSなどと連携できる。また、CloudFoundryのプロビジョニング機能も持っているため、PaaS基盤との連携も可能である(関連記事)。

 WebベースのUIによる簡便な操作が可能で、LAMP構成、RDBMS用、KVS用、ロードバランサ用などの目的に特化したロールを標準で実装している。

mhss_scalr.jpg Scalrのクラウドアカウント登録画面 プラットフォーム選択時に、Amazon EC2などと並び、IDCフロンティアが選択できるようになっている
mhss_role.jpg IDCフロンティアが用意しているロールの選択画面 Apache、MySQLやPostgreSQL、memcachedやRedisなどがセットされている

 IDCフロンティアでは、この発表に先立つ2012年3月にRightScaleが提供するクラウド統合運用管理ツール「RightScale Cloud Platform」にも対応している。IDCフロンティアでは、RightScaleと比較してScalrは無償版の活用やUI操作などの特徴から簡便に導入できるため、スモールスタートに適しているとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。