ニュース
» 2012年11月02日 12時59分 UPDATE

低価格・最小工数でDRを実現:クラウド型自動バックアップ「nDR-CloudCellar」

低価格でバックアップを自動化するアプライアンス製品が登場。低価格・最小工数でDRを実現する

[原田美穂,@IT]

 双日システムズは「nDRクラウドサービス」の新シリーズ「nDR-CloudCellar(エヌディアール-クラウドセラー)」を発表した。1TBあたり月額4万円から利用できるデータのリモートバックアップサービスだ(導入時の初期費用として、アプライアンス代、設定費用98万円〜が別途必要)。

 システム運用におけるデータバックアップ作業やデータ復旧作業は、ストレージの大容量化に伴い、負担が大きなものになっている。

 同サービスではストレージに自動で遠隔地へのバックアップを行う機能を持たせている。クラウド環境を利用するため、物理的に離れたところにデータ保管ができる。

 アプライアンスは、NAS/SANに対応したユニファイドストレージで、アプライアンスを拠点に設置し、自動バックアップ機能により、双日システムズが保有するクラウドデータセンター「nDR」に圧縮転送を行う仕組みだ。

 バックアップ部分は自動化しているため、ストレージバックアップのための管理ツールなどが不要になる。通常の共有ストレージとしての利用も可能であることから、リプレイスにも有効だ。

mhss_sojitsu.jpg nDR-CloudCellarの機能イメージ(プレスリリースより)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。