連載
» 2012年11月02日 13時25分 UPDATE

クリスマスにとっておきのおばかアプリを:クリスマスにおばかアプリ選手権。メリーおばか!

おばかアプリ選手権ファミリーとして忘年会に参加しないか!?

[河内典子,ITMedia]

 12月22日に、お台場カルチャーカルチャーで、おばかアプリ選手権のクリスマスパーティしませんか?

 今回の審査基準は、おばかアプリ度とクリスマスプレゼントに適しているか、の2点。おばかアプリ度は、騒音計でざっくり盛り上がり度合いを比べます。加えて、クリスマスに大事な人にプレゼントできるかのオススメ度も判定します(レッツ投票!→おばかアプリ選手権クリスマスパーティ アプリ投票板 | VOTECLOUD)。

UST生中継はこちらから

 また、クリスマスパーティらしく、豪華審査員から来場のみなさん向けに、クリスマスプレゼント抽選会もあります。デイリーポータルZの林さん、ザリガニワークス、布目先生、シークレットゲストからのすてきなクリスマスプレゼントを会場でゲットしにきてください。

 おばかアプリ選手権のスーパーオーガナイザー・安斎肇さんが作ったおばかアプリたるものの定義「おばかアプリ7カ条」は以下の通りです(ちなみに選手権当日は安斎さんの誕生日翌日)。

おばかロボットおりがみ(PDF)からPDFをダウンロードしてロケットを折ろう!

nunome mikito

  1. おばかは正義である
  2. おばかに国境はなし
  3. おばかは変態であれ
  4. おばかは下ネタにあらず
  5. おばかはオシャレであれ
  6. おばかをバカにするな
  7. おばかを楽しめ

登壇者

jay.jpg 「Holy night! きよしこの夜、集まってくれたすべての子羊たちに神の祝福があることを祈る」(ジェイ)
  • Ligのジェイのスペシャルクリスマストークあり
  • バッグダンサー(ステージ周りのお手伝い) 福ちゃん&池ちゃん
  • メディアスポンサー:「スカッ」とする女の子の嘘と本音マガジン「東京ナイロンガールズ」(ゾンビ青サンタガールが参加! 盛り上げないと食べられちゃうかも!?)

日時:2012年12月22日 18:30オープン、19時スタート、22時まで

場所:東京カルチャーカルチャー

参加費:2000円

チケット購入はこちらから。

  • メディアスポンサー、プレゼントスポンサー、ドリンクスポンサーになってもいいという方、担当の河内(n-kochiアットマークmx.itmedia.co.jp)までメールでご連絡ください。楽しみにお待ちしています。

hero1.jpg くだらないヒーロー

当日タイムテーブル

開会:19:00〜19:10

審査員の自己紹介(各2分)

  • 鈴木蘭々(審査員)
  • 林雄司(審査員)デイリーポータルZの父。
  • ザリガニワークス(審査員)ごはんかいじゅうパップが大人気!
  • 日芸の先生 布目幹人(審査員)ゼミ生をおばかアプリの作り手に育成中。
  • 吉村沙織 SCRAP「リアル脱出ゲーム」企画制作ディレクター

おばかアプリ披露(プレゼン3分、審査員とのやりとりと入れ替え4分)19:10〜20:40

  1. ホモォいじり みもちいいルミエ
  2. マシュマロ・カタパルト/トイレシュラン sweet electronics @usopyon
  3. 彼方だけ見つめてる 大崎浩司(電子工作コンテストにて おばかアプリ選手権賞受賞)
  4. あの効果音がなるセンサーの付いた靴 1人だけどチーム:あのゾーン
  5. 運命の人発見機 ねこポッポ店長
  6. クロイワタケシ:まごころカウンタ

    中休み 10分 (LigのJayのスペシャルトーク:5分くらい)

  7. ひろし NODERA TV
  8. キョニュリ 世界の三宅(三宅智之、三宅里和)
  9. 面白法人カヤック 松田 壮、衣袋 宏輝 野崎錬太郎 あえギター
  10. せいさくエスト きよしこの夜、彼女のもとへ チーム:ニフティ(西野 香織、平岡 隆、筑紫 文子)
  11. Blue Light Filter 世界のハッカー:川崎有亮

クロージング 20:40〜21:10

  • クリスマスプレゼントじゃんけん大会(集計)
  • グランプリ発表 (前グランプリ空き缶工場よりグランプリ授与)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。