ニュース
» 2012年11月02日 18時46分 UPDATE

使い慣れたインターフェイスでビッグデータにアクセス:マイクロソフトがHadoopベースのビッグデータソリューションを公開

マイクロソフトがApache HadoopとAzure、Windows Serverの連携を推進。アプリケーション開発者向けSDKも公開した

[@IT]

 米マイクロソフトは、Apache Hadoopベースのビッグデータソリューションの新しいプレビューを公開した。同社のWebサイトを通じ、Windows Azure向けの「Windows Azure HDInsight Service」と、Windows Server向けの「Microsoft HDInsight Server for Windows」(CTP版)を2012年10月24日から提供開始している(関連リンク)。チュートリアルも同社Webサイト上で公開されており、.NETアプリケーションからの接続用SDKも用意されている。

 新しいプレビューは、エンタープライズレベルのApache Hadoop利用促進と、Hadoopベースソリューションの導入シンプル化を目指している。ユーザーはExcel、PowerPivot for Excel、Power Viewなどの使い慣れたツールを利用して、データから実用的な情報を簡単に抽出できるようになるとしている。

 マイクロソフトでは、Windows ServerとAzure向けのHadoopベースソリューション提供により、セットアップと導入の障壁が劇的に低くなり、データの種類やサイズを問わず、また、社内にあるかクラウドにあるかを問わず、情報を容易に引き出せるようになると説明。「ビッグデータは企業に答えを示すべきものであって、ITを複雑化すべきものではない」と指摘している。

 また、HadoopプロバイダーのHortonworksとの提携も併せて発表し、エンタープライズレベルのHadoopディストリビューション導入を支援する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。