ニュース
» 2012年11月08日 16時21分 UPDATE

パフォーマンスは最大で50倍に:Microsoft、次期SQL Serverにインメモリ技術「Hekaton」搭載へ

米Microsoftは11月7日、SQL Serverの次期メジャーリリースに、コードネーム「Hekaton」と呼ばれるインメモリ機能を組み込むと発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Microsoftは11月7日、SQL Serverの次期メジャーリリースに、コードネーム「Hekaton」と呼ばれるインメモリ機能を組み込むと発表した。データプラットフォームへのインメモリ技術搭載を進める同社の取り組みの一環となる。

 Microsoftのブログによると、Hekatonは現在、少数の顧客を対象とした非公開技術プレビューの段階にあり、最大で50倍のパフォーマンスを実現できるという。SQL Serverに組み込まれるため、専用のハードやソフトを購入する必要はなく、既存のアプリケーションも容易に移植できるとしている。

 インメモリコンピューティングは、データ分析時間の高速化を図りながらあらゆる種類のデータ分析が可能なプラットフォームの提供を目指す同社の戦略の中核的要素として、既存の製品への組み込みが進められている。SQL Serverでは2010年からインメモリ技術を提供し、これまでに150万ユニット以上を提供してきたという。

 Microsoftはまた、エンタープライズクラスのデータウェアハウスアプリケーション次世代版となる「SQL Server 2012 Parallel Data Warehouse」(PDW)も併せて発表。ビッグデータを扱うニーズに応えて搭載された新しいデータ処理エンジンの「PolyBase」では、リレーショナルデータと非リレーショナルなHadoopデータ間のクエリを実現し、データ分析にかかる時間を劇的に短縮できると説明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。