ニュース
» 2012年11月09日 16時46分 公開

仮想化対応強化など十数項目の新機能:「CloudStack 4.0」公開、ASF移管後初のリリース

Apache CloudStackプロジェクトは11月6日、オープンソースのIaaSクラウド構築・運用ソフトウェアの新バージョンとなる「CloudStack 4.0.0」をリリースした。

[鈴木聖子,@IT]

 Apache CloudStackプロジェクトは11月6日、オープンソースのIaaSクラウド構築・運用ソフトウェアの新バージョンとなる「CloudStack 4.0.0」をリリースした。2012年4月に米CitrixからApache Software Foundation(ASF)に移管されて以来、初のリリースとなる。

 CloudStackは豊富な機能を備えたIaaSを構築できるソフトウェアプラットフォームで、直感的なインターフェイスと、コンピュータやネットワーク管理用のAPI、プライベートやパブリック、あるいはハイブリッド型クラウドのためのストレージで構成される。ライセンスは従来のGPL v3からApache 2.0に変更されている。

 4.0.0では、これまで別パッケージだったAmazon Web Services APIをサポートしたほか、SDN(Software Defined Network)実現に向けたNicira NVPのサポート、Ubuntu 12.04とRHEL 6.3に対応したKVMハイパーバイザのサポート、XenServer上のセキュアコンソールアクセスなど、十数項目の新機能を提供。バグ修正やセキュリティ問題の修正も行っている。

 11月30日から12月2日には米ラスベガスで初のコラボレーションカンファレンス「CloudStack Collaboration Conference」を開き、CloudStackの機能やベストプラクティス、今後のリリース予定などを紹介する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。