連載
» 2012年11月12日 17時35分 UPDATE

System Center 2012を試そう(5):「サービステンプレート」でクラウド環境にSharePointサーバを一気に展開してみよう (1/5)

「サービステンプレート」では何ができる? どう便利になる? 活用例を基に便利な機能、注意点を紹介する。

[森友祐,ネットワールド]

本記事の流れ

1.「サービス」の概念

2.サービスで展開可能な機能の紹介

3.本記事で紹介するサービスの展開シナリオ

4.SQL Serverの構成

5.サービスの展開

6.まとめ


 前回の記事「System Center 2012における『クラウド』の概念と運用」ではSystem Center 2012 Virtual Machine Manager(以下SCVMM)での「クラウド」の概念とその活用方法の一例について述べた。最終回の今回は、SCVMMの新機能の1つである「サービス」の概念と「サービステンプレート」で展開可能な機能の紹介、およびその展開方法の一例について述べていく。

「サービス」の概念とは?

 「サービス」とはSCVMMの新機能で、複数サーバ上の多階層のアプリケーションを1つの単位として管理する機能のことである。このサービスの機能を用いることで、単にOSやセキュリティパッチをインストールした仮想マシンだけでなく、アプリケーションやリソースを組み合わせた1まとまりを単位として展開・管理できるようになる。

 役割や機能、データベース、アプリケーションを実装した仮想マシンを、ネットワーク、ロードバランサーといったファブリックのリソースを組み合わせて多階層で複数同時に展開し、1つのサービスという単位で展開、管理を行えるようになる。

 またこれらのサービスは、スケールアウトやスケールイン、アップグレードなども可能であり、展開先としてホストグループだけでなく、クラウドも選択可能なことからも今後、活用の幅に大きな可能性を秘めた機能である。

 このような環境を展開していく上で必要なのが「サービステンプレート」と呼ばれる型である。サービステンプレートを活用することでさまざまなアプリケーションを展開できる。

mhss_systemcenter01.jpg 図1 サービス展開イメージ。このサービステンプレートデザイナーからサービステンプレートを作成する

 なお、サービスの展開はおおよそ以下のような手順で行っていく。

  1. サービス機能事前準備(仮想マシンのイメージ準備、アプリケーションパッケージの抽出など)
  2. サービスで使用するVMテンプレート作成および機能の設定
  3. サービステンプレートの作成
  4. サービスの展開

 本記事の後半では、一例に沿った形でサービス展開の手順を紹介していく。サービスの展開には、サービステンプレートを作成する必要があるが、その事前準備として、サービス展開に使用するアプリケーションパッケージのライブラリサーバへの保存やVMテンプレートの設定が必要である。次項で実際にどのような機能がサービスで構成可能であるか、それらの機能について紹介する。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。