ニュース
» 2012年11月13日 16時37分 UPDATE

独自のI/O処理を実装:NECがXeon Phi搭載ラックサーバを発表

NECがXeon Phi搭載ラック型サーバを発表。最大で520スレッドの並列処理が可能で、旧モデルと比較して最大15倍の処理性能を誇る。

[原田美穂,@IT]

 NECは2012年11月13日、Xeon Phiを搭載した1Uラック型サーバ「Express5800/HR120a-1」を発表した。出荷は2013年2月下旬を予定している。価格は1,400,000円〜(税別)。

 従来のExpress5800シリーズ「R120d-1M」と比較し「処理性能が最大15倍」に向上しているという(広報発表による)。

 同製品は、同日発表されたインテルのコプロセッサ「Xeon Phi」を搭載している。これにNEC独自のI/O処理技術「シンメトリックアーキテクチャ」を盛り込んでいる。シンメトリックアーキテクチャは、コプロセッサごとに同じ帯域幅を使った高速通信を行うものだという。

 インテルXeon E5-2600製品ファミリを最大2個搭載可能で、コプロセッサ「Xeon Phi」はPCIボードに最大2枚搭載できる。これにより、1サーバで最大520スレッドの同時並列処理を実行可能にしている。

 NECでは、画像や動画処理を活用したシステム(セキュリティシステム、検査システムなど)、非構造データを含むビッグデータのリアルタイム処理が必要となる分野をターゲット市場として、同製品を展開していく。

mhss_nechpc.jpg Express5800/HR120a-1

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。