ニュース
» 2012年11月15日 17時22分 UPDATE

日本語など複数言語での文字最適化も:Android 4.2に合わせ、SDKとツールの最新版もリリース

米GoogleはAndroid 4.2(Jelly Bean)のリリースに合わせ、Android 4.2 SDKプラットフォームとAndroid SDKツール最新版のダウンロード提供を開始した。

[鈴木聖子,@IT]

 米GoogleはAndroid 4.2(Jelly Bean)のリリースに合わせ、開発者向けにAndroid 4.2 SDKプラットフォームとAndroid SDKツール最新版のダウンロード提供を開始した。

 Android 4.2 SDKの最新版「API level 17」では、デバイスロック画面の上に配置できるロックスクリーンウィジェットの作成や、充電中に表示できるインタラクティブスクリーンセイバー「Daydream」の作成が可能になったほか、英語以外のユーザー向けに、日本語を含む複数言語の文字の最適化に対応した。

mt_androidsdk.jpg

 一方、Android SDKツールの最新版となる「Revision 21」では、アプリの迅速な開発を支援する目的で、新たにMulti-configエディタが加わった。さまざまな画面サイズや場面などに合わせてUIを開発でき、スマートフォンやタブレットなど各種の画面サイズでプレビューを参照できる。

 また、新しいUIテスト自動化ツールの「UI Automator Test Framework」により、アプリのテストと品質チェックの自動化機能が強化されている。同ツールはAndroid 4.1(API level 16)以降に対応する。

 このほか、アプリに新しいスクリーンを追加するためのテンプレートや、コードの不具合発見に使われるLintルールが追加され、Android Virtual Devices(AVD)作成用のダイアログも刷新された。新規にAndroid SDKを導入する開発者は、ワンクリックでSDKを導入できるようになっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。