連載
» 2017年12月11日 05時00分 公開

Tech TIPS:.NET Frameworkのバージョンを整理する (2/2)

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
前のページへ 1|2       

.NET Frameworkのインストール元もWindows OSに依存

 前述の図「各Windows OSにインストール可能な.NET Frameworkの各バージョン」で、「WindowsのUIで有効化できる」となっている組み合わせでは、以下のようにOSの機能(コンポーネント)として「有効化」することで、特定バージョンの.NET Frameworkをインストールできる。

Windows OS 対象の.NET Frameworkのバージョン 有効化するためのGUIツール 有効化する操作手順の概要
Windows Vista Ver.3.0 コントロールパネルの[プログラムと機能] 左側メニューから[Windows の機能の有効化または無効化]をクリックし、[.NET Framework 3.5.1][.NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0 を含む)]といった該当チェックボックスにチェックを入れてオンにする
Windows 7 Ver.3.5.1
Windows 8
Windows 8.1
Windows 10
WindowsのUIで有効化できる.NET Framework(クライアントWindows OS)

 上表の「Ver.3.5.1」とは、Ver.3.5 Service Pack 1にいくつかの累積パッチが適用されたバージョンである(.NET FrameworkのService Packについては、すぐ後で説明する)。

Windows OS 対象の.NET Frameworkのバージョン 有効化するためのGUIツール 有効化する操作手順の概要
Windows Server 2008 R2 Ver.3.5.1 サーバーマネージャー [機能][機能の追加]をクリックし、[.NET Framework 3.5.1 の機能]チェックボックスにチェックを入れてオンにする
Windows Server 2012 [役割と機能の追加]をクリックし、ウィザードの「機能の選択」画面で[.NET Framework 3.5.1 Features]チェックボックスにチェックを入れてオンにする
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
WindowsのUIで有効化できる.NET Framework(Windows Serverの場合)

 次の画面は、Windows 10のコントロールパネルから[プログラムの機能][Windows の機能の有効化または無効化]をクリックして表示されたダイアログボックスである。[.NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0を含む)]チェックボックスにチェックを入れると、.NET Framework 3.5が有効化、すなわちインストールされる(外すとアンインストールされる)。

Windows 10で.NET Framework 3.5 を有効化するためのダイアログボックス Windows 10で.NET Framework 3.5 を有効化するためのダイアログボックス

 このときにMicrosoftのダウンロードサイトから.NET Frameworkのインストーラーが自動的にダウンロードされることがあるため、インターネットに接続した状態で有効化する必要がある。

 上記のようなUIが提供されていない場合、.NET FrameworkはWindows Updateからインストールするか、Microsoftのダウンロードセンターからインストールパッケージを入手してインストールする必要がある(ダウンロードページについては、この後で説明する)。

古い.NET FrameworkにはService Packがある

 .NET Frameworkの展開時には、その本体以外にもインストールすべきパッケージがある。

 まずVer.4より前の古い.NET FrameworkにはService Packがリリースされていて、適用すると既知の不具合や脆弱(ぜいじゃく)性を解消できる。もちろん最新のService Packを適用すべきだ。

.NET Frameworkバージョン 提供されているService Pack(SP)レベル
.NET Framework 1.1 RTM、SP1
.NET Framework 2.0 RTM、SP1、SP2
.NET Framework 3.0 RTM、SP1、SP2
.NET Framework 3.5 RTM、SP1
.NET Framework 4 RTM
.NET Framework 4.5.x RTM
.NET Framework 4.6.x RTM
.NET Framework 4.7.x RTM
各バージョンの.NET FrameworkのService Packレベル

 上表の「RTM」とは、Service Packが適用されていない、最初にリリースされた製品のことを指す。

 他には「日本語Language Pack」というエラーメッセージやUIの日本語化に必要なパッケージも、適用が推奨されている。

 こうした事情も.NET FrameworkのバージョンやWindows OSごとに異なるので、もう少し詳しく説明しよう。

●Windows OSのService Packレベルを上げると.NET Frameworkの方も上がる場合がある

 次の図にあるWindows OSと.NET Frameworkの組み合わせでは、OSのService Packレベルと連動して.NET FrameworkのService Packレベルも上がる。

 つまり、この場合はOSの最新版Service Packを適用しておけば、.NET FrameworkのService Packを個別に適用する必要はない。

Windows OSと連動する.NET FrameworkのService Packレベル Windows OSと連動する.NET FrameworkのService Packレベル

 これらのWindows OSと.NET Frameworkの組み合わせでは、OSに最新のService Packを適用しておけば、.NET FrameworkのService Packレベルも上がるため、個別に適用する必要はない。

●OSと連動しない場合、.NET FrameworkのService Packは個別適用

 上記以外のWindows OSと.NET Frameworkの組み合わせでは、.NET FrameworkのService PackをOS用と別に適用する必要がある。

 Windows Updateを利用すれば、最新のService Packが自動的に選択され、インストールできる。複数のコンピュータへの展開に使えるオフラインインストールパッケージは、Microsoftのサイトからダウンロード可能だ。

.NET Frameworkのバージョン 最新のフルインストーラ 最新の日本語Language Pack 最新のService Pack
.NET Framework 1.0 RTM SP3
.NET Framework 1.1 (Windows Server 2003以外) RTM RTM用 SP1
.NET Framework 1.1 (Windows Server 2003用) SP1
.NET Framework 2.0 SP2適用済み(Windows XP/Server 2003) SP2用(32bit版)SP2用(64bit版) SP2
.NET Framework 3.0 SP2適用済み(.NET Framework 3.5 SP1に内包) SP2用(.NET Framework 3.5 SP1に内包) SP2(.NET Framework 3.5 SP1に内包)
.NET Framework 3.5 SP1適用済み SP1用 SP1
.NET Framework 4 (クライアントプロファイル版) RTM RTM用
.NET Framework 4(フル版) RTM RTM用
.NET Framework 4.5 RTM RTM用
.NET Framework 4.5.1 RTM RTM用
.NET Framework 4.5.2 RTM RTM用
.NET Framework 4.6 RTM RTM用
.NET Framework 4.6.1 RTM RTM用
.NET Framework 4.6.2 RTM RTM用
.NET Framework 4.7 RTM RTM用
.NET Framework 4.7.1 RTM RTM用
.NET Frameworkの最新版インストールパッケージとそのダウンロードページ

 リンク先はいずれもMicrosoftのサイトで、オフラインでインストール可能なパッケージをダウンロードできる。「フルインストーラ」は、全く.NET Frameworkをインストールしていない環境でもインストールできるパッケージのことだ。

 .NET Framework 2.0/3.5には最新Service Packが適用済みのフルインストーラが提供されており、後からService Packを適用する手間を省ける。

 .NET Framework 3.0については、最新版のService Pack 2が単体で提供されていないため、上位バージョンである.NET Framework 3.5 Service Pack 1を適用することで、Service Pack 2に更新する必要がある(.NET Framework 3.5 Service Pack 1に同梱されている.NET Framework 3.0 Service Pack 2が適用される)。

●.NET Frameworkの日本語Language Packを適用する際の注意点

 日本語版Windows OSのUIから有効化した.NET Frameworkの場合、自動的に日本語Language Packも同時に適用されるため、個別に適用する必要はない。

 一方、Windows Updateやオフラインインストーラによって.NET Frameworkをインストールした場合は、日本語Language Packを別途適用する必要がある。特に.NET Framework 2.x/3.xの場合は、そのService Packレベルごとに用意された日本語Language Packを適切に選んで適用しなければならない。Windows Updateを利用すれば、適切な日本語Language Packが自動的にリストアップされて適用できる。

■更新履歴

【2017/12/11】.NET Standardと.NET Coreと.NET Frameworkとの関係、および.NET Framework 4.6.1/4.7/4.7.1とWindows Server 2016について追記しました。

【2015/10/08】Windows 8.1/Windows 10/Windows Server 2012 R2、および.NET Framework 4.6について追記しました。

【2014/05/15】Windows OSのUIから有効化できる.NET Frameworkを、OSに「付属」していると表していました。しかしOSによっては、有効化の際にオンラインでインストールしている場合があり、「付属」という表現は相応しくないため、該当箇所を修正させていただきました。また.NET Framework 4.5.1/4.5.2について追記しました。

【2012/11/16】Windows 8/Windows Server 2012および.NET Framework 4.5の情報を追記しました。

【2010/04/16】Windows 7/Windows Server 2008 R2および.NET Framework 4など最新の情報を追記しました。また図を追加して構成を大幅に変更しました。

【2009/02/06】初版公開。


「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

前のページへ 1|2       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。