ニュース
» 2012年11月19日 14時43分 UPDATE

ストリームデータ/ビッグデータ分析を身近に:SPL言語学習なしでもストリームデータ処理の実装が可能になった「InfoSphere Streams V3.0」

センサネットワークなどから送出されるストリームデータの分析がより身近に。IBMは専用言語スキルがなくても機能を組み合わせて分析プラットフォームを実装可能にする製品を発表した。

[原田美穂,@IT]

 日本IBMは2012年11月19日、IBM InfoSphere Streams V3.0を発表した。価格は444万円〜(税別)。従来より約40%低料金になっているという。

 IBM InfoSphere Streamsは、ストリームデータをリアルタイムで処理するためのソフトウェア。道路交通情報や各種センサネットワークからの情報など、大量の端末から高い頻度で送出されるデータを処理するのに適している。

 IBM InfoSphere Streamsは、専用のストリームコンピューティング用プログラミング言語「Streams Processing Language(SPL)」を使ってアプリケーション開発を行う。専用言語を提供するのは、ストリームデータ処理では通常のプログラミング言語と比較して特殊な要件があるため。大量のデータに対して、データの間引きや入力ストリームの結合機能、平均値や最大値の出力などを行う「オペレーター」と呼ばれる機能を持っている。このオペレーターを使うことで、例えば株価の移動平均の計算なども1行で記述できる。

 従来バージョンでは、複数オペレーターを組み合わせた実装などの際に、統合開発環境「Streams Studio」上でSPLを用いたプログラミングが必要だったが、V3.0ではGUIのドラッグ・アンド・ドロップ操作のみでの開発が可能になっている。

 このほか、新たに5つの機能群を「アクセラレーター」として提供する。

時系列アクセラレーター 予測分析や回帰、平準化など、時系列データの分析に便利な20個のオペレーターを提供する。株式市場の取引データや為替レートなどのリアルタイム分析に適している

空間情報アクセラレーター GPSなどの位置情報から距離や方向を計算するためのオペレーターを提供する。地域特性に応じたマーケティングや効率的な配送ルートの決定などに適している

ソーシャル・メディア分析用アクセラレーター ソーシャルストリームを利用したセンチメント分析に適している

センサ情報のモデル分析用アクセラレータ センサやコンピュータから出力されるデータを取り込み、変換し、モデル化して分析する

通信業向けのアクセラレーター 通信事業者向けの分析用オペレーター群。通話明細レコードなど、通信事業者が扱う特有のデータに対する変換処理などがセットされている

mhdb_infosphere_data.jpg 通信事業者におけるInfoSphere Storeamsの適用例(出典:「ストリーム・コンピューティング時代を開く基盤ソフトウェア IBM InfoSphere Streams」『ProVision』No.65、p.40)

 IBMは同日、「IBM InfoSphere BigInsights V2.0(以下BigInsights V2.0)」も発表している。こちらは、データ可視化でIBM Cognosの機能を利用できるようになっている他、2012年4月に買収したVivisimoの検索機能も統合しており、非構造データの検索と可視化が強化されているという。BigInsights V2.0の使用料金は、111万円(税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。