ニュース
» 2012年11月29日 18時01分 UPDATE

Amazon S3も値下げ:AWS、クラウド上のデータウェアハウス「Amazon Redshift」を発表

米Amazon Web Services(AWS)は11月28日、クラウド上のデータウェアハウスサービス「Amazon Redshift」を発表した。ぺタバイト級のデータを高速分析でき、料金は従来のデータウェアハウスの10分の1ですむとうたっている。

[鈴木聖子,@IT]

 米Amazon Web Services(AWS)は11月28日、クラウド上のデータウェアハウスサービス「Amazon Redshift」を発表した。ぺタバイト級のデータを高速分析でき、料金は従来のデータウェアハウスの10分の1ですむとうたっている。併せて、Amazon S3の標準ストレージ料金と、Reduced Redundancy Storage(RRS)の値下げも発表した。

 Amazonによると、Redshiftは顧客が現在使っているのと同じSQLベースのビジネスインテリジェンスツールを利用して、事実上あらゆるサイズのデータ分析において、クエリーパフォーマンスの劇的な向上を実現できるという。RedshiftクラスタはAWS Management Consoleから起動できる。

 企業がオンプレミスのデータウェアハウスを自社で運営する場合、管理に相当の手間とリソースを要し、構築やメンテナンスのコストも相当高額になることから、大企業でなければ運営できない場合も多かったとAmazonは解説する。Redshiftはこの状況を変えることを目指し、プロビジョニングからモニタリング、クラスタのバックアップ、パッチ適用とアップグレードに至るまで、セットアップや運用、スケーリングに必要なあらゆる作業が管理できるようにした。

 パフォーマンス強化や容量増大のためのクラスタのスケーリングもシンプルでダウンタイムは伴わず、クラスタの健全性は継続的に監視して、必要なコンポーネントは自動的に交換されるという。

 コスト効率の高い料金体系によって、大企業はコストを大幅に削減でき、小規模の企業はパワフルなデータウェアハウスの分析機能が活用できるとしている。

 ノードのサイズは2TBの圧縮データを保存できる「hs1.xlarge」と、16TBの「hs1.8xlarge」の2種類を提供する。1つのクラスタは100ノードまでのスケールアップが可能。料金は従量制で、2TBのデータウェアハウスが毎時0.85ドルから。予約インスタンスを利用すれば、実質的な価格は毎時0.228ドルとなり、ぺタバイト当たり年間1000ドルに抑えられると試算している。現在は限定プレビュー版が公開され、専用ページから登録して利用できる。

 一方、Amazon S3ストレージとRRSの値下げは全9リージョンで12月1日から実施する。米国リージョンでは24〜27%の値下げを実施。東京リージョンでは最初の1TBまでの月額で、標準ストレージがGバイト当たり0.1ドル、RRSが同0.08ドル、Glacierストレージは同0.012ドルなどとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。