ニュース
» 2012年12月07日 18時04分 UPDATE

10genと提携しMongoDBに最適化:SoftLayer、オンデマンドで利用可能なMongoDBサービス

クラウド事業者の米SoftLayer Technologiesは12月4日、オープンソースのドキュメント指向データベース管理システム「MongoDB」を開発している米10genと提携し、オンデマンドで利用可能なMongoDBサービスを発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 クラウド事業者の米SoftLayer Technologiesは12月4日、オープンソースのドキュメント指向データベース管理システム「MongoDB」を開発している米10genと提携し、オンデマンドで利用可能なMongoDBサービスを発表した。電話とWebによる24時間年中無休のサポートなどを含んだサブスクリプション契約も用意している。

 このMongoDBサービスは、SoftLayerのクラウドインフラ上で提供される。環境設定やプロビジョニングの簡素化を図っており、ボタン1つでカスタマイズされたMongoDBクラスタを構築できることが特徴。

 ベアメタルクラウドサーバを利用し、MongoDBの運用に最適化したハードウェアとCentOSによって、パフォーマンスと信頼性の向上を図っている。オプションとして、エントリレベルのクアッドコアサーバから、16コアの高性能コンピューティングノードまでを用意。いずれもSoftLayerのポータル、あるいはAPIを通じて設定、管理を行える。

mt_softlayermongo.jpg

 同サービスの料金は月額359ドルから、サブスクリプション契約は659ドルから。この料金には、Intel Xeon 1270ベースのサーバ1台と8Gバイトのメモリ、500GバイトのSATAストレージドライブ2基が含まれる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。