ニュース
» 2012年12月12日 16時42分 UPDATE

VXLANプロトコルも追加:Linuxカーネル 3.7リリース、複数のARMプラットフォームをサポート

複数のARMプラットフォームをサポートしたLinuxカーネルのメジャーアップデート、「Linux 3.7」がリリースされた。

[鈴木聖子,@IT]

 リーナス・トーバルズ氏は12月10日、LKMLへの投稿で、ARM 64ビットアーキテクチャをサポートしたLinuxカーネルのメジャーアップデート「Linux 3.7」のリリースを発表した。

 カーネル3.7では、複数のARMプラットフォームのサポートを実現。単一のARMカーネルイメージで、複数のARMハードウェアをブートできるようになった。ARMは主に組み込み機器に採用され、ハードウェアエミュレーションがほとんど不可能だったことから、これまではARMハードウェアごとに別々のARMカーネルイメージが必要だった。

 また、64ビット版ARMのサポートは、32ビット版の延長ではなく、完全に新しいアーキテクチャとして実装した。

mt_kernel37.jpg

 さらに、ファイルシステム「btrfs」が強化され、トレーシングを容易にする目的で「strace」の代替となる新ツール「perf trace」を追加。3.6でクライアント向けのサポートを追加したTCP接続高速化技術「TCP Fast Open」は、今回のリリースでサーバサイドでも対応した。

 このほかにも、SMB 2プロトコルの実験的なサポート、NFS v4.1の正式サポート、仮想環境における仮想ネットワークインフラのトンネルに使われる「VXLAN」プロトコルの追加、Intelプロセッサで採用予定のセキュリティ機能「Supervisor Mode Access Prevention」(SMAP)のサポートなどが盛り込まれている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。