ニュース
» 2012年12月17日 14時22分 UPDATE

SQL Server SSD Appliance、まずは6社から一斉に提供開始

SQL Server 2012のSSDアプライアンス提供がスタート。組み合わせは6社製品から選択できる

[原田美穂,@IT]

 2012年12月17日、日本マイクロソフトは、「Microsoft SQL Server SSD Appliance」の提供開始を発表した。ハードウェアベンダ6社から提供する。Microsoft SQL Server SSD Applianceは「Microsoft SQL Server 2012 Enterprise エディション」をベースに、各社のハードウェアと組み合わせる。

 今回のアプライアンス提供に参加するのは、SCSK(NEC)、ソフトバンク・テクノロジー、デル、東芝ソリューション、日本HP、日本ユニシスの6社。このうちSCSKではNECと提携し、NECのハードウェアを前提とした製品を展開する。

 SQL Server SSD Applianceでは、全てのデータをフラッシュメモリストレージ領域に書き込む仕様のため、ディスクドライブを使用する場合よりも高速な処理が可能となる。ストレージはPCIeバス規格に準拠する。

ハードウェアメーカー 製品名 詳細
SCSK(NECと連携) SQL Server SSD Appliance by SCSK & NEC
価格 4,950万円
サーバ NEC Express 5800/1080a-E スケーラブル HA サーバ 8P80C Intel Xeon E7-8800(1024 GB RAM)
ストレージ Violin Memory V-6606-HA24-8xFC 6.6 TB
ソフトバンク・テクノロジー SQL Server SSD Appliance by Supermicro
価格 3,150万円(2台セット価格)
サーバ Supermicro 8way SQL Edition 8P80C Intel Xeon E7-4870(1024 GB RAM、10Gbインターコネクト付)
ストレージ Fusion-IO ioDrive2 Duo×2(4.8 TB)
デル SQL Server SSD Appliance by DELL
価格 1220万円
サーバ DELL PowerEdge R820 4P32C Intel Xeon E5-4600(512 GB RAM)
ストレージ ハードウェア Fusion-IO ioDrive2 Duo×2、Dell Express Flash PCIe SSD×4(4.8TB)
東芝ソリューション SQL Server SSD Appliance by Toshiba Solutions
価格 2590万円
サーバ Toshiba FlexSilver/NX 4P40C Intel Xeon E7-4870(1024GB RAM)
ストレージ Toshiba Violin 6000 モデル6606(6.6TB)
日本HP SQL Server SSD Appliance by HP
価格 1837万5000円
サーバ HP ProLiant DL980 8P80C Intel Xeon E7-4870(1024 GB RAM)
ストレージ HP VMA3205(5TB)
日本ユニシス SQL Server SSD Appliance by Nihon Unisys
価格 3045万円
サーバ Unisys ES7000 4P40C Intel Xeon E7 Processor(512GB RAM)
ストレージ SANARENA MV110(3TB)
SQL Server SSD Applianceの各社ラインアップ。一部キャンペーン価格のものがある 各製品の価格はSQL Server 2012 Enterpriseのライセンス価格は含まない

 マイクロソフトでは、従来のSQL Serverの展開を推進する一方で、先のDatabase Watch記事で紹介したように、データベースの設計やクエリによるチューニングではなく、SSDをストレージとして採用することによるI/Oボトルネック解消を提案している。

 今回のラインアップは同社の提案に即した展開といえる。アプライアンスとして今回製品を出荷する6社では、おのおのでキャンペーンを推進している。詳細はリンクから参照できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。