ニュース
» 2012年12月18日 11時53分 UPDATE

2014年にも正式勧告へ:HTML5仕様策定完了、HTML 5.1に向けた取り組みも開始

2012年12月17日、W3CはHTML5およびCanvas 2Dに関する仕様策定を完了したことを発表。

[太田智美,@IT]

 2012年12月17日、World Wide Webコンソーシアム(W3C)HTML5およびCanvas 2Dに関する仕様策定を完了したことを発表した。現段階ではW3C標準仕様ではないが、機能的に完成しているため、間もなくW3C標準仕様になることが予想される。さらに同日、標準化の次を視野に入れたHTML 5.1およびCanvas 2D, Level 2の第1草案を発表。既存のHTML機能に加え、ビルトインHTML5アクセシビリティ、レスポンシブイメージ、およびアダプティブストリーミングを補完するための拡張機能など、新たな機能の開発を継続して強化していくという。

 今回のリリースにあたり、W3C CEOジェフ・ヤッフェ(Jeff Jaffe)氏は「ステークホルダーは、ウェブテクノロジーの広まりにともない、さらに安定した標準を望むようになっている。現今、企業は、今後HTML5によって何ができるか、そして、今後顧客がどのようなことを要望してくるのかを分かっている。同じように、ディベロッパーも、スマートフォン、車、テレビ、電子書籍、電子署名、あるいは、未知のデバイスなどと連携するためには、どのようなスキルを育成すべきなのか理解している」と述べている。

 HTML5の開発ツールを提供しているKendo UIが行った調査によると、63%を超えるディベロッパーが「HTML5を使って積極的に開発している」という旨を示している。W3C HTML Working Groupは、現在のHTML5の実装を分析し、コミュニティと連携しながらテスト開発に取り組み、2014年中旬にはこの実装フェイズを終了するとし、ロイヤリティフリーとして公開する予定だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。