ニュース
» 2012年12月25日 15時50分 UPDATE

Hadoopなどの処理向けに48TBのストレージを提供:AWS、EC2の新インスタンス「High Storage」発表

米Amazon Web Services (AWS)は12月21日、大量のデータへの高速アクセス提供を特徴とする「High Storage」を発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Amazon Web Services (AWS)は12月21日、Amazon EC2の新しいインスタンスタイプとして、大量のデータへの高速アクセス提供を特徴とする「High Storage」を発表した。

 High Storageは、大量のデータセットをシーケンシャルに読み書きする性能の高さが求められるアプリケーション向けに最適化したインスタンス。特にHadoop、データウェアハウス、パラレルファイルシステムを使ってAWSクラウドで大量のデータの処理と分析を行う場合に適している。

 現時点で提供しているのは「Eight Extra Large」(hs1.8xlarge)の1種類のみ。35 EC2 Compute Unit(ECU)のCPU性能、117GBのメモリ、24基のHDDで構成される48TBのストレージを提供し、毎秒2.4Gバイト以上のシーケンシャルI/O性能を実現する。

 まずは米東部リージョン(北バージニア)で、オンデマンドまたはリザーブドインスタンスとして提供を開始。今後数カ月のうちに提供リージョンを拡大していく方針だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。