ニュース
» 2013年01月07日 15時35分 UPDATE

ECサイト運営の課題、応答速度を「3倍速くする」ハードウェアアプライアンス

Exalogicをベースに、ECサイト運用向けにチューニングしたシステムが登場した。応答速度がビジネスのキモになるシステムを高速化できるという。

[原田美穂,@IT]

 日本オラクルは2013年1月7日、ECサイト向けのシステムとしてExalogicをベースとしたシステム「Oracle ATG on Exalogic」の提供を開始した。

 Oracle ATG on Exalogicは、オラクルのECサイト構築のためのパッケージ製品「Oracle ATG Web Commerce」を「Oracle Exalogic Elastic Cloud X3-2 (以下、Oracle Exalogic)」に乗せ、事前検証済みの状態で提供するもの。

 Oracle Exalogicは「OracleExadata」と密に連携しており、同社「Oracle Database」および「Oracle Real Application Clusters」の性能を高めるようチューニングされたハードウェアアプライアンス製品。

 ECサイトのシステムでは、Webサイトの応答速度によって収益が大きく左右される傾向がある。特にセールなどの特別なイベントが発生した際には、アクセスが集中し、レスポンスが滞ることは顧客の離脱につながり、機会損失となる。応答速度を高めるためには、特にデータ読み込みを高速かつ安定的に行う必要性が高い。

 日本オラクルでは、Oracle ATG on Exalogicの導入によって「アプリケーションへの要求に対する応答時間を3分の1に短縮し、処理性能も3倍に拡大」(広報発表、オラクル調べによる)できるとしている。

 Oracle ATG on Exalogicでは、複数のWebサイトを統合する機能も持つ。これにより、複数ブランドや製品ごとのシステムが統合でき、また、キャンペーンのような一時的なWebサイトの追加も容易になるという。価格は最小構成で約1億円からとなっており、詳細な金額は個別に見積もるとしている。

mhfpro_exalogicecimage.gif Oracle Exalogic Elastic Cloudの主要コンポーネント(出典:ORACLE EXALOGIC ELASTIC CLOUD X3-2データシート)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。