ニュース
» 2013年01月10日 18時59分 UPDATE

10GBase-Tの取り回しをもっとラクに:ちょっとスリムな10GBase-T対応LANケーブル、ネットチャートと冨士電線

ネットチャートと冨士電線は1月9日、10GBase-T/カテゴリー6A(Cat.6A)規格に対応し、スリム化を図ったLANケーブル「eco-patch10G」の販売を開始した。

[高橋睦美,@IT]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)の子会社であるネットチャートと冨士電線は1月9日、10GBase-T/カテゴリー6A(Cat.6A)規格に対応し、スリム化を図ったLANケーブル「eco-patch10G」の販売を開始した。

 eco-patch10Gは、カテゴリー6(Cat.6)の2倍に当たる、最大周波数500MHzの通信に利用できるCat.6A規格を採用したシールド付きケーブル。10Gbase-TならびにPoEに対応しており、高価な光ファイバケーブルの代わりに10Gbps対応機器の接続に利用できる。

 最大の特徴は、直径が約5.0mmで、従来のCat.6Aケーブルに比べて約30%細くなっていることだ。このため、ラック内での配線管理、整理をしやすくなり、すっきりした配線状態を保つことができるという。また、ケーブルに利用している銅の使用量も従来製品の半分以下として軽量化を図ったため、ケーブルの重みによるコネクタなどの接合部分の傷みが少なくなることもメリットという。

mt_10g.gif

 eco-patch10Gの価格は1メートル4900円からで、さらに1メートル増すごとに400円となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。