ニュース
» 2013年01月22日 19時54分 UPDATE

VPNや無線LANといった機能を月額課金で:無償提供の機器に「レシピ」配布でさまざまなサービス実現、IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は1月22日、VPNや無線LANといったネットワーク機能を月額課金方式で提供する新サービスを発表した。

[高橋睦美,@IT]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は1月22日、VPNや無線LANといったネットワーク機能を月額課金方式で提供する新サービスを発表した。OEM企業を通じて、2月14日から提供を開始する。

 従来、VPNなどのネットワークサービスを利用するには、その機能を実装したネットワーク機器をそれぞれ導入するのが一般的だった。これに対しIIJの新サービスでは、ユーザー側ネットワークに「サービスアダプタ」(SA-W1)という専用ハードウェアを無償で提供。この上に、構成テンプレートを組み合わせた「レシピ」と呼ぶ設定ファイルを適宜追加することで、必要なときに必要な機能を月額課金で利用できるようにする。

 この新サービスは、IIJが開発した機器集中管理システム「SACM(Service Adapter Control Manager)」を利用して実現された。SACMにレシピ機能を追加し、テンプレートを適宜組み合わせることで、必要な機能のみを提供できるようにする。

mt_iij.jpg

 当初提供可能なレシピは、VPNによる拠点間通信機能を提供する「IPsec-VPNレシピ」、PCやスマートデバイス向けのアクセスポイント機能を提供する「無線APレシピ」の2種類。今後さらに、「L2-VPNレシピ」「LTE+3Gモバイルアクセス冗長レシピ」「mrubyスクリプトレシピ」や「WAN高速化レシピ」などを提供していく計画だ。

 サービス開始時には、IIJのグループ会社であるIIJグローバルソリューションズがOEMを受け、法人向けサービスを提供する予定だ。価格は明らかにされていないが、「その都度ネットワーク機器を導入する場合に比べ、大幅に安価な料金」(同社)で提供するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。