ニュース
» 2013年01月22日 17時56分 UPDATE

AWS連携可能なネットアップの新ストレージ

米ネットアップは、ストレージから直接AWSにデータを複製、各種サービスを自社インフラとして利用できる新製品を発表した。データ活用を簡便に行えるという。

[原田美穂,@IT]

 2013年1月22日、米ネットアップは、AWS Direct Connect経由でAWSの各種サービスと連携できるエンタープライズ向けストレージ製品「NetApp Private Storage」を発表した。

 同製品では、自社内に配置したNetApp Private Storageに蓄積したデータをAWS環境に複製できるようになっている。複製したデータに対してはAmazon Direct Connectを介して、「Amazon Elastic MapReduce」や仮想サーバ環境である「Amazon EC2」、アーカイブストレージサービスである「Amazon Glacier」といったAWS側が提供するサービスを活用したデータ分析や加工が行える。

 これにより、ユーザーはネットワーク環境を意識しなくてもAWSの提供するストレージ領域にデータを複製でき、自社インフラとして簡便にAWS側の提供するクラウドサービスを利用できるようになる。

mhss_netappimage.jpg 製品の接続イメージ(出典:米ネットアップ)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。