ニュース
» 2013年01月24日 17時52分 UPDATE

電波の届かない勉強会でも慌てない:「Google Slides」、オフラインに対応

米Googleは1月24日、「Google Drive」のプレゼン資料作成アプリ「Slides」がオフラインに対応したと発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Googleは1月24日、「Google Drive」のプレゼン資料作成アプリ「Slides」について、インターネットに接続していなくてもスライドの利用やファイル作成、編集、コメントができるようになったと発表した。

 オフラインで作成や編集を行ったプレゼンは、ネットに接続した時点で自動的に更新される。これでプレゼンの際に無線LAN接続があるかどうか心配する必要がなくなるという。Google Driveではワープロアプリの「Docs」がオフラインに対応済み。

 ただしオフラインで利用できるのはChromeまたはChrome OS搭載の端末を使っている場合のみ。Chrome OSでは既にオフライン利用が設定されている。Chromeの場合、Google Drive画面左端のメニューから「展開」をクリックして「オフラインドキュメント」を選び、「オフライン編集を有効にする」をクリックして設定する。

 既にDocsのオフライン編集を有効にしている場合は、そのままSlidesもオフラインで利用できる。

 今後はスプレッドシートアプリの「Sheets」についてもオフライン対応の準備を進めているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。