ニュース
» 2013年01月25日 17時50分 UPDATE

音声データも分析対象に:この2年で65%の企業向けデータ分析アプリにHadoopが盛り込まれる

将来、企業向けのビッグデータを支えるプラットフォームの多くではApache Hadoopを盛り込むようになる――。米Gartnerの予測では、自然言語認識や音声認識といったテクノロジも、データ分析の対象として存在感を増すという。

[鈴木聖子,@IT]

 調査会社の米Gartnerは1月24日、ビジネスインテリジェンス(BI)とデータ分析の動向に関する報告書を発表した。大規模データ処理に使われるオープンソースプラットフォームのApache Hadoopは、2015年までに、高度な分析機能を備えたパッケージ型分析アプリケーションの65%に組み込まれると予想している。

 Hadoopは特に、構造化されていないデータやテキスト、動作分析およびタイムベースクエリの分析など、ビッグデータの分析に活用され、組織もそのパワーを認識するようになっているとGartnerは指摘。

 今後数年の動向として、IT組織がHadoop対応のデータベース管理システム(DBMS)製品とアプライアンスを中心にトライアルを実施する一方、アプリケーションプロバイダーは1歩先行して、Hadoopベースの分析機能をパッケージアプリケーションに取り入れると予想している。

 この傾向はこれまでのところ、クラウドベースのパッケージアプリケーションに顕著に表れており、そうした傾向は今後も続くとの見通しを示した。

 さらに、大手ビジネスインテリジェンス(BI)ベンダの70%が2016年までに、自然言語認識と音声認識機能を取り入れると予想。分析プロジェクトの30%以上は2015年までに、構造化されたデータに加えて構造化されていないデータの分析にも対応するようになると予想している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。