ニュース
» 2013年02月06日 08時00分 UPDATE

コンサルティングやマネージドサービスを提供:デルがセキュリティサービスを国内でも展開へ

デルは2月5日、ペネトレーションテストに基づくリスクコンサルティングやマネージドセキュリティサービスなどから構成されるセキュリティサービスを、日本国内でも本格的に展開することを明らかにした。

[@IT]

 デルは2月5日、ペネトレーションテストに基づくリスクコンサルティングやマネージドセキュリティサービスなどから構成されるセキュリティサービスを、日本国内でも本格的に展開することを明らかにした。料金は、サービス内容や規模などによって異なるといい、明らかにしていない。

 同社は2011年に、セキュリティコンサルティングサービスを展開していた米SecureWorksを買収。そのノウハウをベースに、グローバルにセキュリティサービスを提供していた。日本での事業開始に当たっては、国内にセキュリティオペレーションセンター(SOC)を設置し、人数は非公開ながらも専任の技術者を置いてサービスを提供するという。

 「Dell SecureWorks」のセキュリティサービスは、大きく3種類のサービスで構成される。

mt_dell.jpg 米デル セキュリティ・リスク・コンサルティング ディレクター、アラン・ホワイト氏

 ペネトレーションテストやアセスメントに基づいてリスクの所在を明らかにし、それに基づいてポリシー構築や対策を実施する「セキュリティ&リスクコンサルティングサービス」、ファイアウォールやIDS/IPS、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)など、同社以外のセキュリティ機器も含めて24時間365日体制で監視とログ管理を行う「マネージドセキュリティサービス」、マルウェアやゼロデイ攻撃など、緊急のセキュリティインシデントに関する情報を提供し、対応を支援する「セキュリティ上の脅威解析サービス(Threat Intelligent)」だ。

 米デルのセキュリティ・リスク・コンサルティング ディレクター、アラン・ホワイト氏は、独立した立場で客観的にセキュリティ上のアドバイスを行うこと、世界71カ国以上で1000人以上の専門家によるサービスを提供していることなどが特徴だと説明した。さらに、「iPhoneやAndroidなどのモバイルからWebアプリケーション、あるいはサーバに至るまで、幅広い分野の専門知識を備えていることも特徴」(ホワイト氏)という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。