ニュース
» 2013年02月06日 17時40分 UPDATE

約2年ぶりのメジャーアップデート:「MySQL 5.6」リリース、NoSQL対応を強化

米Oracleは2月5日、オープンソースデータベース「MySQL」の最新版、「MySQL 5.6」の正式版を発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Oracleは2月5日、オープンソースデータベース「MySQL」の最新版、「MySQL 5.6」の正式版を発表した。2011年12月以来のメジャーアップデートとなる。オプティマイザやInnoDBの向上を通じ、Webやクラウド、モバイルアプリケーションのニーズに対応したパフォーマンスと拡張性、信頼性、管理機能の強化を図っている。

 MySQLオプティマイザの改善では、サブクエリ最適化によってクエリ実行時間を向上させ、Index Condition Pushdown(ICP)とBatch Key Access(BKA)の追加によって、一部クエリで最大280倍のスループットを実現(DBT-3ベンチマークによる評価、米Oracle調べ)、診断機能も強化された。

 InnoDBストレージエンジンは、トランザクションとリードオンリーの両方のワークロードでスループットを最大230%向上させたほか、オンラインDDL(データ定義言語)オペレーションによる可用性の向上などを盛り込んだ。中でも、InnoDBに対するNoSQLアクセスが可能となり、Memcached API風のAPIを介してデータを参照できるようになることが特徴だ。

 レプリケーション機能では、自己修復型のレプリケーションクラスタ、最大5倍の高速化を実現する高性能レプリケーションクラスタ、オペレーションエラーに備えたタイムディレイレプリケーションなどの新機能を実装している。

 MySQL 5.5から実装されているPERFORMANCE_SCHEMAも機能強化が行われており、パフォーマンス監視が容易になっているという。

 このほかにも地理情報システム(GIS)やIPv6対応の強化など、さまざまな機能強化が盛り込まれている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。