ニュース
» 2013年02月07日 15時49分 UPDATE

対策しないと410を返されて恥ずかしいことに?:Twitter、旧APIの廃止に向けた「予行演習」は3月5日から

Twitter APIの仕様変更の周知を目的に、3月5日から一時的にブラックアウトテストを実施する。実施時間中、旧API仕様のリクエストには「HTTP 410 Gone」が返される。

[鈴木聖子,@IT]

 米Twitterは、Twitter APIの旧バージョン「v1」を廃止させるのに伴い、影響を周知させるためのいわば予行演習として、2013年3月5日から「ブラックアウトテスト」を実施すると発表した。

 Twitterは2012年年9月、「API v1.1」のリリースに伴い、2013年3月でv1を引退させると予告していた。

 これに伴い、古いウィジェットを使っているWebサイトはできるだけ早く、従来のウィジェットに代わる「埋め込みタイムライン」(Embedded Timelines)に移行するよう促している。

 また、v1.1では認証されていないリクエストのサポートが廃止されたことから、認証されていないクライアントサイドAPIコールを使ったウィジェットや、RSSまたはATOMフィードのデータを使用するウィジェットも、Embedded Timelinesに移行する必要がある。v1で構築したアプリケーションは、直ちにv1.1に切り替えるよう呼び掛けた(関連記事1関連記事2)。

 v1が廃止された後は、v1へのリクエストおよび古いウィジェットに対して「HTTP 410 Gone」のメッセージが表示されるようになる。ブラックアウトテストは、この影響をアプリケーションの開発者とユーザーに理解してもらう狙いで、一時的に「HTTP 410 Gone」を表示する。

 まず第1弾として、米太平洋時間の2013年3月5日午前9時から10時ごろにかけて、認証を受けていないリクエストを対象に最初のテストを実施。続く数週間の間に、曜日や時間を変えて追加のテストを実施する。スケジュールなどについては「@twitterapi」で告知する。

 ブラックアウトテストの時点では、まだv1が恒久的に廃止されるわけではない。ただ、WebサイトにTwitterの機能を埋め込むサービス「@Anywhere」は、予告通りに2013年3月5日で終了する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。