ニュース
» 2013年02月12日 18時09分 UPDATE

Linuxのブートをセキュアにする「UEFI Secure Boot System」

Secure Boot対応のシステムでLinuxを動作させるためのソフトウェアがリリースされた。USBブート用のイメージも併せて配布している。

[鈴木聖子,@IT]

 Linux Foundationのジェームズ・ボトムリー氏は2月8日、「Linux Foundation UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)Secure Boot System」のリリースを発表した。

 UEFI Secure Boot Systemは、Secure Boot対応のシステムでLinuxを動作させるためのソフトウェア。Linux FoundationがMicrosoftから鍵を入手してプリブートローダーに署名し、Linuxをブートできるようにした。UEFIマルウェアに利用されないための仕組みも実装している。Microsoftから2月6日に提供を受け、ボトムリー氏の検証を経てリリースした。

 同システムは、「PreLoader.efi」と「HashTool.efi」の2種類のEFIファイルで構成される。ボトムリー氏はさらに、ブータブルなミニUSBイメージもリリースしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。