ニュース
» 2013年02月13日 17時36分 UPDATE

VMware vSphere 5.1用バックアップ・リカバリツールは間もなく市場へ

運用管理ツールが一緒になったVMware環境管理製品ラインアップが登場する。VMware vSphere 5.1用バックアップ・リカバリツールも間もなくリリースされるという。

[原田美穂,@IT]

 ヴイエムウェアは2013年2月13日、VMware vSphereの新しい製品ラインアップ「VMware vSphere with Operations Management」を発表した。

 VMware vSphere with Operations Managementは、VMware vSphereとVMware vCenter Operations Management Suiteを組み合わせた製品。

 また、同日VMware vSphere Data Protection Advancedも発表した。こちらは2012年8月に発表したVMware vSphere 5.1のバックアップ・リカバリ用ソフトウェアだ。両製品とも2013年第1四半期中の提供を予定しているという。

 VMware vSphere Data Protectionは、EMCが提供しているバックアップ製品「Avamar」に含まれるソフトウェアをベースにしており、重複排除機能やChanged Block Tracking機能などが含まれる。VMware vSphereとバックアップ・リカバリツールが統合されるため、運用・管理工数削減につながるとしている。

 VMware vSphere with Operations Management(Standard Edition、Enterprise Edition、Enterprise Plus Edition)は1プロセッサ当たり21万8000円〜を市場想定価格としている。プロセッサ当たりのコア数制限はない。現在、VMware vSphereを利用しているユーザーは期間限定で割引価格でのアップグレードが可能。

 VMware vSphere Data Protection Advancedは1プロセッサ当たり13万7000円〜を市場想定価格としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。