ニュース
» 2013年02月18日 12時13分 UPDATE

Amazon Redshiftが正式公開に

AWSのクラウド型データウェアハウスサービス「Amazon Redshift」がいよいよ正式公開となる。今後数カ月以内に各リージョンでの利用が可能になるという。

[原田美穂,@IT]

 Amazon Web Servicesは2013年2月18日、Amazon Redshiftの提供を開始した。同社が2012年11月28日に発表していたサービスだ(関連記事)。発表時点では限定プレビューとして一部のユーザーのみ利用できる状態だったが、今回正式なサービスとしてリリースされた形だ。

 Amazon Redshiftは、クラウド型のデータウェアハウスサービスで、ペタバイト級のデータにも対応でき、かつテラバイト当たり年間1000ドル以下と低価格で利用可能な点が特徴。Amazon Redshiftは現在US Eastリージョンのみで提供されるが、今後数カ月以内にAWSの他のリージョンでも利用可能になるとしている。

 MicroStrategy、Jaspersoftの他、SAP、IBM、Informatica、Tableau、Attunity、Actuate、Pentaho、Talend、Birst、Roambi、Pervasiveがテクノロジーパートナーとして自社ソフトウェアでのRedshift対応を表明している。この他の既存データベースからはJDBC/ODBCドライバ経由で接続できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。