ニュース
» 2013年02月26日 18時59分 UPDATE

HortonworksがWindowsネイティブ環境向けHadoopプラットフォームを公開

Windowsネイティブ環境向けApache Hadoopディストリビューションがβ版を公開。100%オープンソースのエンタープライズグレードHadoopプラットフォームを目指すという。

[鈴木聖子,@IT]

 HadoopプロバイダーのHortonworksは2月25日、Windowsに対応したエンタープライズ向けの新しいApache Hadoopディストリビューション「Hortonworks Data Platform(HDP)for Windows」を発表した。同日からβ版の提供を開始している。

 ビッグデータ処理の分野で採用が加速しているHadoopだが、これまではLinuxサーバを使う必要があり、Windowsを標準とする組織ではネイティブでHadoopを実行することができなかった。

 その状況に対してHDPは、「WindowsとLinuxの両方に対応した初めてかつ唯一のApache Hadoopディストリビューション」として開発。Windows版はあらゆるフォーマットおよびスケールの情報抽出や処理、共有に対応し、Apache Hadoopのコアアーキテクチャによって構成・パッケージ化することで、必要なコンポーネントを全て盛り込んだとしている。

 開発に当たってはMicrosoftと緊密に連携し、100%オープンソースのエンタープライズグレードHadoopプラットフォームを目指した、としている。

 顧客はHDP for WindowsとHDInsight Serviceを通じ、オンプレミスとクラウドの間でHadoopアプリケーションの完全な移植性を実現できるとHortonworksは説明している。

 β版およびインストールガイドやドキュメントは下記Webページから入手できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。