ニュース
» 2013年03月01日 17時30分 UPDATE

インターネットを「多少」高速に:Google、データ圧縮ライブラリ「Zopfli」をオープンソースとして公開

米Googleは2月28日、zlibよりも圧縮率が高い新しいデータ圧縮ライブラリ、「Zopfli」をオープンソースとして公開した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Googleは2月28日、新しい汎用データ圧縮ライブラリの「Zopfli」をオープンソースとして公開した。Zopfliの名称は、スイスのパンのレシピに由来するという。

 ZopfliはDeflate圧縮アルゴリズムを実装したライブラリだ。gzip、Zip、PNGやHTTPリクエストで使われる圧縮アルゴリズムと互換性を保ちながら、従来の技術よりも圧縮率が高くなることが特徴。Zopfliで圧縮したファイルのサイズは、zlibを使った場合に比べて最大で3〜8%小さくなるといい、「Deflate互換の圧縮技術の中で最先端を行く」とGoogleは評している。

 半面、より徹底した圧縮技術を使うことでデータ密度を高めているため、圧縮には時間がかかる。解凍時間に影響はないものの、圧縮にはzlibに比べて最大で2〜3桁上回るCPU時間を要することから、例えばWeb用の静的コンテンツなど、一度圧縮したデータをネットワーク経由で何度も送信するような用途に適しているという。

 開発に当たったGoogleの担当者は「これで頻繁にアクセスする静的コンテンツが最適化され、インターネットが多少高速化されることを期待する」とコメントしている。

 Zopfliが実行できるのは圧縮のみ。解凍には既存のソフトウェアを使用する。言語は移植性に配慮してC言語で開発されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。