ニュース
» 2013年03月04日 11時40分 UPDATE

独自データベースエンジンで多次元分析も高速に:POSもSNSも予測に役立てる「Hitachi Advanced Data Binderプラットフォーム」

日立製作所は2013年3月1日、小売業におけるビッグデータ活用を推進する目的で流通分析ソリューションの提供を発表した。

[原田美穂,@IT]

 日立製作所は2013年3月1日、小売業におけるビッグデータ活用を推進する目的で流通分析ソリューションの提供を発表した。データベースエンジンに独自開発の技術を採用している。提供は6月1日からを予定している。

 小売業界では、商品ライフサイクルの短期化などを背景に、従来と比較して短期間での意思決定が求められている。需給動向の予測や市場ニーズに即した商品のタイムリーな市場展開を実現するためにはPOSデータだけでなくソーシャルデータを含めた市場分析が重要視されるようになってきているという。

 日立が提供する流通分析ソリューションでは売上や在庫数といった従来の指標だけでなく、時間帯、商品分類などの細かなセグメントを設定してPOS情報を分析できる「商品分析システム」、RCM(Recency Frecquency Monetary)分析などを基にした顧客セグメント分類とそれに基づくアプローチ施策を支援する「顧客分析システム」の他に、ソーシャルネットワーク上のキーワードに関する情報を分析して商品開発に役立てる「ソーシャルメディア連携システム」も提供する。特に、商品分析システムでは、売り上げや利益だけでなく、業務で隠れがちな在庫廃棄などのロスを削減するための指標も盛り込まれており、また、優良顧客の購買行動を意識した商品展開の示唆なども行えるという。今回の小売業界向けソリューションでは、業界特有の項目を想定した指標シナリオを用意しているため、立ち上げが比較的容易であるとしている。顧客分析システムは2013年6月1日から、顧客分析システム及びソーシャルメディア連携システムは2013年9月1日から提供を開始する予定だ。価格はいずれも個別見積もり。

 この他、日立が2012年4月に発足させたデータ分析の専任組織「スマート・ビジネス・イノベーション・ラボ」に所属する「データ・アナリティクス・マイスター」がデータ分析や戦略策定などを支援するサービスも提供する。

mhdb_hitachi_02image.jpg システムのイメージ(出典:日立製作所)

 これらシステムのバックエンドは、データの検索ならびに分析を高速に行う「Hitachi Advanced Data Binderプラットフォーム」が稼働、統合システム運用管理「JP1」で構築される。Hitachi Advanced Data Binder プラットフォームは、東京大学喜連川研究室と共同で開発を進めてきたデータベースエンジンを採用している。日立によると、同データベースエンジンは同社従来比100倍のデータ検索性能を有するという(関連記事)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。