ニュース
» 2013年03月07日 11時35分 UPDATE

100万IOPSを誇るPCIeフラッシュカード――EMC XtremSF

EMCがフラッシュ製品群「EMC Xtrem」を発表。同日中にサーバ向けフラッシュカードの製品の販売をスタートした。

[原田美穂,@IT]

 EMCジャパンは2013年3月7日、「EMC Xtrem」製品ファミリを発表、第一弾としてPCIeカード型の「EMC XtremSF」の販売開始もアナウンスした。

 XtremSFは、サーバ向けのフラッシュカード。eMLC、SLCを選択できる。eMLC版は550GBと2.2TB、SLC版は350GB、700GB(SLC版は既存のVFCache製品)。

 同製品は100万IOPSという高いI/O性能が特徴で、ストレージI/Oがボトルネックになりやすいデータベースアプリケーションなどの性能向上に役立つとしている。標準提供価格は91万1880円(eMLC 550GB)からで、販売はEMC認定販売パートナーを介して行われる。

mhss_emc_card.jpg EMC XtremSF

 EMCでは同製品を、キャッシュソフトウェア「EMC XtremSW Cache」(旧VFCache)と併せて導入すれば、ネットワーク・ストレージアレイへの性能を高速化し、かつ高度な保護レベルを維持できるとしている。今後、同製品向けにメインメモリとのデータ一貫性を保証するキャッシュコヒーレンシ機能を追加する計画もあるという。

 EMCでは現在、同ラインアップのエンタープライズ向けオールフラッシュストレージアレイとして「ExtremIO」も開発中だ。高いI/O性能を目指すとともに、データ保護機能、重複排除、シンプロビジョニング、VMware環境のためのプロビジョニングの高速化、Active/Activeなブロック構成によるクラスタ単位でのスケールアウトといった、より高度な要求に応える内容となるようだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。