ニュース
» 2013年03月08日 17時14分 UPDATE

事実上のサポート延長を担う:Red Hat、OpenJDK 6プロジェクト主導を表明

OracleがJDK 6のサポート打ち切りを表明したことを受け、米Red Hatは3月7日、OpenJDK 6プロジェクトを主導する役割を担うことになったと発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米Red Hatは3月7日、OpenJDK 6プロジェクトを主導する役割を担うことになったと発表した。OracleがJDK 6のサポート打ち切りを表明したことを受け、事実上のサポート延長を担う。

 OpenJDKはJavaのオープンソースインプリメンテーションで、Red HatはOracleに買収される前のSun Microsystemsとの契約に基づき、5年以上にわたってOpenJDKコミュニティに貢献してきた。

 OracleはJDK 6のサポートを2013年2月で打ち切っており、3月4日にJavaのゼロデイの脆弱性に対処する臨時パッチをリリースした時点で、今回リリースされた「6u43」が一般向けの最期のアップデートになると説明。ユーザーに対しJDK 7への移行を促していた。

 これに対してRed Hatは、Javaはミッションクリティカルなエンタープライズアプリケーション向けの主導的なプラットフォームだと指摘した上で、「我々はOpenJDK 6とJava SE 6を実行している組織のみならず、今後のバージョンのユーザーのためにも、これを継続させたい考えだ」(同社副社長兼ミドルウェア担当ジェネラルマネジャー、クレイグ・ムジラ氏)と表明した。

 同社は引き続きOpenJDKプロジェクトにコミットしていく姿勢を強調。JavaとOpenJDKの推進に向けて、動的スケーラビリティとクラウドコンピューティング関連の機能を拡充しながら、パフォーマンスと管理性の向上を目指すとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。