ニュース
» 2013年03月11日 16時37分 UPDATE

Android端末からプレゼンソフトを操作:「LibreOffice 4.0.1」公開、リモートプレゼンアプリがWindowsとMacにも対応

The Document Foundation(TDF)は3月6日、「LibreOffice 4.0.1」をWindows、Mac、Linux向けにリリースした。

[鈴木聖子,@IT]

 The Document Foundation(TDF)は3月6日、「LibreOffice 4.0.1」をWindows、Mac、Linux向けにリリースした。2月に公開されたLibreOffice 4.0系初のアップデートとなる。

 TDFのブログによると、LibreOffice 4.0.1では「Impress Remote」がLinux、Mac、Windowsの全プラットフォームに対応した。Impress RemoteはプレゼンテーションソフトをAndroid端末から操作するためのモバイルアプリで、Google Playから入手できる。4.0で初めて登場したものの、これまでは一部のLinuxディストリビューションでしかサポートされていなかった。

 このほかにも多数の不具合などを修正し、全般的な品質と安定性の向上を図っている。ただしTDFは、エンタープライズ向けには、より確実で安定性の高い「LibreOffice 3.6.5」を勧めるとしている。

 LibreOffice 4.0は2月7日のリリース以来、アップデートのリクエスト数が1日あたり10万件を突破し、1年前の2万5000件を大幅に上回っているという。

 ユーザー向けの解説書「Getting Started with LibreOffice 4.0」もPDFとODF形式でLibreOfficeのWebサイトから提供開始したほか、冊子も発行されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。