ニュース
» 2013年03月12日 15時34分 UPDATE

イーサネットスイッチのソフトウェアをオープンソースで公開:Mellanoxが「Open Switch Initiative」を発表

米Mellanox Technologiesは、イーサネットスイッチのソフトウェアをオープンにする「Open Switch Initiative」を発表しました。

[新野淳一,Publickey]

 InfiniBandやイーサネットのアダプタカード、あるいはスイッチなどのベンダとして知られる米Mellanox Technologiesは、イーサネットスイッチのソフトウェアをオープンにする「Open Switch Initiative」を発表しました。

 これまでベンダが独自に開発してきたイーサネットスイッチ内部のソフトウェアをオープンソースにし、機能のカスタマイズや追加などが自由になります。プレスリリースから引用。

Mellanox Open Ethernet is the only framework that eliminates proprietary software and encourages the development of an ecosystem environment focused on building Ethernet switch software to move innovation forward.

MellanoxのOpen Ethernetは独自のソフトウェアを排除し、イーサネットスイッチの開発にフォーカスしたエコシステムの開発を促進し、イノベーションを進めようとする唯一のフレームワークです。

mellanox01.jpg

 同社の説明によると、イーサネットスイッチのOSはLinux。スイッチング制御のソフトウェアと管理ソフトウェアはオープンソースとなり、ルーティングには「Quagga」、制御プロトコルはOpenFlowで、コントローラのソフトウェアは「RouteFlow」が想定されています。

スイッチの機能やプロトコルを自由に追加できる

 OpenFlowの登場でイーサネットスイッチに対するプロトコルがオープンになりつつありますが、今回の取り組みはそれをさらに推し進めてスイッチの中身そのものをオープンにしてしまうという大胆なものです。果たして賛同者やデベロッパーがどれほどついてくるのか興味深いところですが、例えばスイッチの中にファイアウォールまで組み込んでしまうとか、新しいプロトコルを実装してみるといったことができれば、面白いことになるのではないでしょうか。

(本記事はPublickeyから許可を得て転載しています。転載元

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。